走る広告塔・ラッピングトラック

subpage01

ラッピング車両は従来の塗装による広告とは違い、広告が印刷されたフィルムを車体に貼り付け、包み込むような方法で作成されることから、そう呼ばれるようになりました。広告を掲げた車両は古くから数多く存在していましたが、塗装よりも取り外しや再生のコストパフォーマンスに優れたラッピングが主体になってきたのは、近年のことでしょう。

トラックのラッピング情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

2000年代には都営バスがこの方法を導入したことで、一躍有名になりました。


車体面積の広いトラックは、このラッピングという広告手法にもっとも適した車両のひとつと言えるでしょう。



現在では多くの企業がラッピングトラックを広告に使用していますが、移動しながら企業や商品の特性を伝えるこの宣伝方法は、その場に行かないと目にすることのできない立て看板よりもはるかに高い宣伝力を発揮することは言うまでもありません。

また、広告を印刷したフィルムを貼り付けるこの手法は、従来の塗装よりも位置のずれなどが発生しにくいため、自社トラックの全てを同じようにカスタマイズすることも不可能ではなくなりました。例えばイベントなどで複数の自社トラックが並んで走行する場合や、広大な駐車場に同じ広告がずらりと居並ぶ風景は、さぞ絶大なインパクトを発揮することでしょう。
もちろん、純粋な宣伝媒体として他社広告を掲載することで、広告収入を得ることも可能です。大型車両を扱う企業なら、この走る広告塔・ラッピングトラックを有効活用しない手はありません。