スチールラックの概要と種類

スチールラックとは、鉄に炭素を混ぜた合金素材で作られた棚のことです。硬くて丈夫で傷が付きにくく、塗装されているので錆びにくいという特徴があります。棚段の幅の調整や棚板の追加が自由にできるので、目的に応じてカスタマイズできる点も大きなメリットです。そのため、オフィス・工場・物流倉庫・店舗のバックヤードなど多くの場所で活用されています。

ただしスチールラックには耐荷重の数値が表記されているので、保管する荷物の重さを考慮しなければなりません。そしてスチールラックには、一般的なタイプの他にも様々なタイプがあります。まず、キャスター付ラックです。キャスターが付いているため移動が簡単にでき、スペースに応じた活用ができます。

また、棚板が前後にスライドするスライドラックは重量物の保管に最適で、重い物でも出し入れが簡単です。もちろん、傾きや転倒防止などの安全装置も付いていますし、スライド棚を定位置でロックできるため安全性も問題ありません。さらに、パレットラックは荷物を積んだ状態での保管に適しており、物流センターや大型の倉庫などで使用されています。しかもパレットラックに保管すれば、荷物の落下や破損といったリスクも軽減できます。

他にも、穴のあいたパンチングパネルにフックを取り付けて保管するパンチングラックや、小物・書類・部品類などを種類別に保管する区分棚もあります。スチールラックの種類は多種多様ですので、利用目的に合わせて選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です