スチールラックの特徴とは

金属で作られているスチールラックは、家庭やオフィスなど様々なところで活用されているアイテムです。置き場所に合わせて色々な品物を片付けるために使用されていて、メタルラックと呼ばれることもあります。しかしメタルラックは鉄製以外の金属製の棚も含まれますが、基本的にスチールラックといえば鉄から作られているのが特徴です。またメタルラックといえば、棚板がメッシュ状になっているタイプのものをイメージする人が多いです。

スチールラックと呼ばれるものは、棚板がメッシュになっているものではなくてどちらかというと金属製の板で出来ていることが多い傾向があります。スチールシェルフと呼ばれたり、金属製ラックと呼ばれていたりすることもあるのが特徴です。そして多くの場合スチールラックは、背面や側面に板がないのが特徴です。一般的な棚は棚板があるだけでなく、側面や背面が板で覆われています。

しかしスチールラックは大抵の場合は、物を置くための棚板と4本の支柱で出来ているという造りです。メタルラックと呼ばれている製品は、支柱の形が円筒形のポールであることが多いでしょう。家庭で使用されるメタルラックはこのタイプが多いです。一方スチール製のラックは、L字の形をした支柱に棚板が支えられていることが多くあります。

この形をした支柱の場合は、棚の端まで物を載せることができるようになっているのでスペースを無駄にすることがないのが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です