スチールラックとはどのような棚か

家庭でもオフィスでも使われるスチールラックは鉄から作られている棚です。シンプルでありながらも丈夫な造りとなっているのが特徴で、棚板がワイヤーメッシュになっているものや金属の板になっているものがあります。スチールシェルフとも呼ばれていることもあるアイテムです。このような金属製の棚は、製品によって載せることができる重さには違いがあります。

1段の棚板に100キロまで載せることができるものもあれば、1000キロもの重さのものを載せられる製品もあるようです。なかなかこれほどまでに重いものを載せるための、スチールラックが一般家庭で必要になることは少ないかも知れません。しかし工場や店舗などでは、これらのような耐荷重のスチールラックが活用される機会もあります。家庭で使われることが多い金属製のラックは、棚板がメッシュのようになっているものが多いです。

網状の棚板の金属製のラックが家庭で使用されるのに向く理由は、金属板に比べると軽くて取り扱いやすいということが挙げられます。金属の丈夫さと軽さを兼ね備えているところが家庭に向く理由です。反対に業務用のスチールラックは、棚板がメッシュになっているものよりは板状のタイプが多いです。丈夫であるというメリットに加えて板状の棚板の製品は、支柱が円柱型ではなく細長い板をL字に折り曲げた形が多くあります。

棚の端まで品物を置くことができ、スペースを有効活用できる点も魅力となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です