オフィスレイアウト変更のメリット

オフィスレイアウトは仕事の内容や目的によって変えるほうが能率がよくなります。オフィスでは1日のうちほとんど席にすわって仕事をするということが通常ですが、仕事の内容によっては固定的に席にすわって仕事をするのではなく、コミュニケーションをとりやすいほうが良い場合もあります。オフィスの雰囲気によってコミュニケーションは変わってきます。明るく開放的であれば人の気分も良い方向に変わってきます。

自ら会話をしようという雰囲気になります。暗く人の顔も見えないような事務所では会話もほとんど行われない状況になってしまいます。オフィスレイアウトを考える場合はその仕事の内容によってミーティングスペースを設けたり、リラックススペースを設定するような方法でコミュニケーションを図ることも可能となるのです。オフィスレイアウトを変更することで仕事の仕方が変わるということと、それがより良い方向となり効率的に能率面でもよりよい結果になることがあるのです。

オフィスレイアウトを変更する機会はそれほど多くはありませんが、仕事の仕方を変えることを目的に事務所移転を行う方法もあります。これまでと同じオフィスでは大きく変更することができなかったり、固定概念から抜け出せないようなこともあります。キャビネットなどの配置はそのまま座席だけ変えるという方法ではあまりメリットはありません。オフィスレイアウトは仕事の内容や目的に応じて変更すればメリットが出るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です