オフィスレイアウトは労働環境に配慮して

オフィスレイアウトはどうして先に机やパソコンやコピー機、FAXなどの備品をどう並べてくか、棚などの収納スペースはどこに、営業所では来客のスペースをどうするかなどを考えてしまいますが、もっとも大切なことを忘れがちです。それがそこで働くものの労働環境を快適にするかどうかの点です。幾ら綺麗に備品が収まって、見栄えが良くても、そこで働く社員の作業する際の動線がよくなく、ストレスが溜まるものやあるいは窓からの斜光がきつくまた冷気がきたり、空調機器から風は直接きて仕事がやりにくいなどの諸問題があるとせっかくお金をかけたオフィスレイアウトも台無しです。オフィスは人の働く場所で、そのオフィスレイアウトも人中心で構成するべきで、これを概念にいれないと無駄に社員を働かせて、業務効率の悪いものになります。

そういう意味では、オフィスレイアウトは決して机上のものですませるので、実際にそれに近い状態をシミュレーションしたほうがよく、最初はできる限り備品の少ない状態で設定してみて、微調整をしながら快適な造りを考えればよいです。そうすることでオフィスレイアウトに掛けた投資が活用できるわけで、このレイアウトの工事費用は壁の張替や備品の購入、床の整備などあり、決して無視できないものである以上費用対効果をよく考えて施工するべきです。そうしないと、基本を誤ったレイアウトではまた全部やり直しを余儀なくされるので費用が非常にもったないことになると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です