オフィスレイアウトの基本パターン

オフィスレイアウトを変更する場合に考えておきたいことはオフィスの目的によって最適なレイアウトを見つけることです。オフィスレイアウトにはいくつかの基本パターンがあります。まず対面式では机と椅子をそれぞれ対面するように配置して向かい合わせに座ります。これはグループごとにまとまってコミュニケーションがとりやすいレイアウトです。

これとは逆に向かい合わせではなく背中を向けて座る方法もあり、これは個人ごとに考えて仕事ができるように集中して作業を行うことができることです。みんなが同じ向きに座る方法もあります。これは導線を作りやすく綺麗なオフィスにすることができます。ブース式のレイアウトではパソコンなどで作業しやすく、お客様など仕事をしながら対面で応対するという方法も可能です。

このように仕事の内容などを検討してオフィスレイアウトの基本パターンを決めます。また最近ではフリーアドレスという方法で、誰がどこに座ってもいいというようなレイアウトもあります。オフィスレイアウトで考えておきたいのは机と壁や通路との空間の確保です。やはりメインとなる通路は人の行き来が多くなるので広めにとっておくことです。

また書類を保管するためにキャビネットも必要です。キャビネットを開閉したりものを出し入れするためのスペースも考えておくことが必要です。これらレイアウトとともに仕事のモチベーションを上げるためにも明るく開放的であるほうがいいです。オフィスレイアウトによって仕事の能率も変わるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です