自由なオフィスレイアウト

オフィスといっても事務的な作業が多いところでは机と椅子を配置してキャビネットなどの書類を保管するなどレイアウトを考えてしまいます。これまでの固定概念もありなにをどのように変更していいのかわからないものです。オフィスレイアウトを考える場合にはまずスペースが必要ですが、最近は専門の業者によってコンセプトを明確にしてより快適なオフィスレイアウトを提案するところも多くなってきました。例えばオープンスペースで自由に社員が行き来を行い、コミュニケーションを活発にすることができます。

自由に席にすわるフリーアドレスという方法もあります。仕事を行う上でコミュニケーションが必要な人と座って話をしなあら仕事を進めることができます。最近は有線による回線もすべて無線となり、パソコンなどもどこでも使用できるところがあります。フリースペースなどでちょっと打ち合わせをするときもノートパソコンを見ながらということも可能となります。

オフィスレイアウトはデザインも大切です。明るく開放的にするということで仕事以外のストレスを軽減して作業性を上げるということです。やはり1日のほとんどをオフィスで過ごすことになり、暗く会話もすくないオフィスより明るくコミュニケーションも活発なオフィスのほうがより良い仕事ができるのです。オフィスのデザインひとつで声をかけやすくなる、仕事がしやすいことで能率や作業性があがる、仕事のストレスが減ると定着率も上げることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です